case

30代女性 「前歯の差し歯がとれた」オールセラミッククラウンで治療した症例

治療前

治療前

治療後

治療後
年齢と性別 30代 女性
ご相談内容 3年以上前に作った上の前歯の差し歯がとれたとのことでご相談いただきました。
カウンセリング・診断結果 右上の前歯の被せ物が中の土台から外れており、土台から作り直す必要がありました。
歯ぐきとの境目に土台の黒いところが見えないようにしてほしいとご希望でした。
行ったご提案・治療内容 中の土台は白い素材で被せ物の色に影響の出ないファイバーコアを使用し、色の調整が細かくできるオールセラミッククラウンをご提案しました。
隣の前歯の被せ物を一緒に作り直し、より自然に仕上がるよう治療を行うことにしました。
治療期間 約1ヶ月
おおよその費用 ¥275,000-
術後の経過・現在の様子 術後は自然な色味で大変ご満足いただけました。
治療のリスクについて ・セラミックは使用環境によって外れてしまうことがあります。
・セラミックも十分なメンテナンスを行わないと、周辺の歯から虫歯になることがあります。
・強い食いしばりや硬度の高いものを誤って噛むと割れてしまうことがあります。