• ホーム
  • 一般歯科
  • 40代男性「前歯の詰め物の色を治したい」変色していた歯頚部の詰め物をCR(保険治療)で白くした症例

general 40代男性「前歯の詰め物の色を治したい」変色していた歯頚部の詰め物をCR(保険治療)で白くした症例

2022.07

治療前

治療後

年齢と性別 40代 男性
ご相談内容 「前歯の詰め物の色が気になるので治したい」とご相談いただきました。
カウンセリング・診断結果 診察したところ、全体的に歯頚部(歯茎から見えている歯の部分と歯茎に埋まっている部分の境目)の詰め物が変色していました。
保険治療の範囲内で、笑った時に見える部分は全て治療したい、とのご希望でした。
行ったご提案・治療内容 保険の白い詰め物(CR)で治療を行いました。
CRはコンポジットレジンとも呼ばれる歯科用プラスチックです。

神経に近く、麻酔が必要な部位が複数か所あったため、6回に分けて治療を行いました。
治療期間 約1ヶ月
おおよその費用 保険適用
術後の経過・現在の様子 きれいになったと大変ご満足いただけました。
現在は定期検診とクリーニングのため、3ヶ月ごとにご来院いただき、メンテナンスを行っています。
治療のリスクについて ・十分なメンテナンスを行わないと、周辺から虫歯になることがあります。
ココシカバナー

治療前詳細

治療後詳細