case

小学生7歳男の子「下の歯がガタガタに生えている」小児矯正で治療した症例

治療前

治療前

治療後

治療後

治療前

治療前

治療後

治療後
年齢と性別 7歳 男の子
ご相談内容 「下の歯がガタガタではえてきたので治したい」とのことでご相談いただきました。
カウンセリング・診断結果 拝見したところ、ご相談の通り下の歯がガタガタと生えている状態でした。専門的には下顎前歯部叢生(かがくぜんしぶそうせい)といい、歯が生えるスペースが足りないときや、悪い噛み癖などがあるときに起こりやすくなります。
行ったご提案・治療内容 日中はマイオブレースを用いた筋機能訓練を中心に、夜間にも装置を使用していただきました。 また拡大装置(バイオブロック)による矯正治療も併用し、歯がまっすぐ生えるスペースを獲得していきました。
治療期間 約2年
おおよその費用 ¥500,000
術後の経過・現在の様子 ご相談にあった下の歯のガタガタは改善し、同時にかみ合わせも整えることができました。ご家族にも満足いただけました。 今後は生え代わりを待ち、必要があれば追加の治療を再開する予定となっています。
治療のリスクについて 矯正により歯に痛みが出る場合があります。 矯正により歯がしみやすくなることがあります。 歯肉が退縮する場合があります。 矯正治療は後戻りする可能性があります。 装置が正しく使えない場合、中断する場合があります。