• ホーム
  • セラミック
  • 30代男性「左上の奥歯がしみたり鈍痛がする」フルジルコニアクラウンで治療した症例

ceramic 30代男性「左上の奥歯がしみたり鈍痛がする」フルジルコニアクラウンで治療した症例

2022.01

治療前

治療後

年齢と性別 30代 男性
ご相談内容 「左上の奥歯がしみたり鈍痛がする」とご来院されました。
カウンセリング・診断結果 左上の奥歯がむし歯で大きく欠損していました。むし歯は深く、神経まで到達しておりましたので神経の治療を行ってから被せ物を作ることになりました。
行ったご提案・治療内容 治療部位が奥歯で噛む力も強い患者様でしたので、“人工ダイヤ”とも呼ばれるほどの強度を持つジルコニアで作製することにしました。
治療期間 約3ヶ月
おおよその費用 ¥99,000-
術後の経過・現在の様子 噛み合わせも問題なく、色味も自分の歯のようと大変ご満足いただけました。
治療のリスクについて ・ジルコニアは使用環境によって外れてしまうことがあります。
・ジルコニアも十分なメンテナンスを行わないと、周辺の歯から虫歯になることがあります。
・強い食いしばりや硬度の高いものを誤って噛むと割れてしまうことがあります。