• ホーム
  • セラミック
  • 30代女性「営業職のため、金属の被せ物を白くしたい」自費のE-max In(セラミック)と保険のCRで奥歯を白く治療した症例

ceramic 30代女性「営業職のため、金属の被せ物を白くしたい」自費のE-max In(セラミック)と保険のCRで奥歯を白く治療した症例

2022.05

治療前

治療後

年齢と性別 30代 女性
ご相談内容 「営業職のため見た目が気になる。金属の被せ物を白くしたい」とご相談をいただきました。
カウンセリング・診断結果 診察したところ、奥歯2本分に金属の部分的な詰め物がありました。
行ったご提案・治療内容 患者様のご希望に合わせ、いくつかのセラミック素材をご案内しました。
その結果、一番奥歯は金属の範囲が少なかったため、保険適応のCR(コンポジットレジンとも呼ばれ、主に小さなむし歯治療で活用される、歯科用プラスチック)にやり替えました。
奥から2番目は、白い見た目で目立ちにくく、ちょうど良い強度のあるセラミックであるE-max Inをご選択されました。
治療期間 ・保険診療 CR:1日
・自由診療 E-max In:型取りから調整、装着まで約2週間程度 (保険診療と自由診療は別日の診療)
おおよその費用 ・保険診療 CR(1歯分):約¥1,000- (保険負担 3割の場合)
・自由診療 E-max In(1歯分):¥45,000-(税別)
術後の経過・現在の様子 歯を気にせずにお客様とお話しすることができる、と喜んでいただけました。
現在は、定期健診でご通院いただいています。
治療のリスクについて ・CRも十分なメンテナンスを行わないと、周辺から虫歯になることがあります。
・セラミックは使用環境によって外れてしまうことがあります。
・セラミックも十分なメンテナンスを行わないと、周辺の歯から虫歯になることがあります。
・強い食いしばりや硬度の高いものを誤って噛むと割れてしまうことがあります。
・治療が終了しても、メンテナンスとして約3ヶ月に一度の定期検診をご案内しております。