• ホーム
  • セラミック
  • 40代女性「噛むと左上の歯が痛い」虫歯を自費のE-maxインレーで治療し、メタルインレーを保険のCRに変更した症例

ceramic 40代女性「噛むと左上の歯が痛い」虫歯を自費のE-maxインレーで治療し、メタルインレーを保険のCRに変更した症例

2022.10

治療前

治療後

年齢と性別 40代 女性
ご相談内容 「噛むと左上の歯が痛い。奥から2番目の銀歯もだいぶ前に作ったものなので、せっかくなら一緒に治療したい」とご相談いただきました。
カウンセリング・診断結果 初診時、撮影したレントゲン・口腔内写真などを用いて確認したところ、奥から3番目の歯に虫歯が認められました。
行ったご提案・治療内容 「隙間ができにくい詰め物で治療してほしい」との患者様のご希望により、奥から3番目の歯は適合の良いE-maxインレーをご提案しました。

奥から2番目の歯は、保険で白い詰め物(CR)に変更しました。
CRは、コンポジットレジンとも呼ばれる歯科用プラスチックです。
治療期間 ・保険診療 CR:1日
・自由診療 E-maxインレー:型取りから調整、装着まで約2週間 (保険診療と自由診療は別日の診療)
おおよその費用 ・保険診療 CR(1歯分):約¥1,000- (保険負担 3割の場合)
・自由診療 E-maxインレー(1歯分):¥45,000-(税別)
術後の経過・現在の様子 適合や噛み合わせに問題はなく、「せっかくいいものが入ったので、長持ちするように歯磨きを頑張ります」と喜んでいただきました。
現在は定期的にメンテナンスにご通院いただき、患者様ご自身でもご自宅での丁寧なケアをご継続されており、きれいな口腔内を保っていらっしゃいます。
治療のリスクについて ・CRも十分なメンテナンスを行わないと、周辺から虫歯になることがあります。
・セラミックは使用環境によって外れてしまうことがあります。
・セラミックも十分なメンテナンスを行わないと、周辺の歯から虫歯になることがあります。
・強い食いしばりや硬度の高いものを誤って噛むと割れてしまうことがあります。
・治療が終了しても、メンテナンスとして約3ヶ月に一度の定期検診をご案内しております。
ココシカバナー