• ホーム
  • その他
  • 50代男性「虫歯を治したい」歯科恐怖症で放置していた虫歯を取りきり被せ物で修復し、歯周病も併せて治療した症例

others 50代男性「虫歯を治したい」歯科恐怖症で放置していた虫歯を取りきり被せ物で修復し、歯周病も併せて治療した症例

2023.01

治療前

治療後

年齢と性別 50代 男性
ご相談内容 「虫歯が多く、治療したい。歯科恐怖症・自閉症で長らく歯の治療に通えなかったので、自分と相性の良いクリニックを探していた」とご相談をいただきました。
カウンセリング・診断結果 診察したところ、お口全体的に虫歯があり、保存が難しい歯もいくつかありました。また、歯ぐきも腫れて「歯周病」になっていました。
そのため、長期的な治療が必要でした。
行ったご提案・治療内容 複数箇所あった虫歯を取りきり、保存不可能な歯は抜いて、被せ物の処置が必要であることをご説明し、ご納得いただけました。
また、虫歯治療と同時に「歯磨き指導」と「歯周病の治療」も行いました。

歯科治療に抵抗がある患者様でしたが、担当医師と歯科衛生士と共に、苦手を克服しながら治療に取り組んでいただきました。
治療期間 約12ヶ月
おおよその費用 保険適応内
術後の経過・現在の様子 新たに作製した被せ物は、問題なく使用いただけています。
患者様にも「満足のいく仕上がりになった」とお喜びいただけました。

現在はお口の中の健康状態にも気を配られており、セルフケアへの関心も向上され、プラークコントロールも良好です。
治療のリスクについて セルフケアを怠ると、歯と被せ物の境目から虫歯になることがあるので注意が必要です。
ココシカバナー

治療前詳細

治療後詳細