• ホーム
  • セラミック
  • 30代女性「歯がしみる」虫歯になっていた左上の奥歯をE-maxインレーで治療した症例

ceramic 30代女性「歯がしみる」虫歯になっていた左上の奥歯をE-maxインレーで治療した症例

2023.01

治療前

治療後

年齢と性別 30代 女性
ご相談内容 「歯がしみる。冷たいものだけでなく、あまり冷たくない果物でもしみる。治せるなら治したい」とご相談いただきました。
カウンセリング・診断結果 初診時に撮影したレントゲンや口腔内写真から、左上の1番奥の歯が虫歯になっていることがわかりました。
以前に虫歯になった際に樹脂の材料(CR)で治療してありましたが、その隙間からまた虫歯になってしまったようです。
行ったご提案・治療内容 また同じCRで治療をしても、数年後にはすり減りにより段差ができ、虫歯が再発する可能性がありました。
そのため、強度・適合が良く、CRに比べてプラーク(虫歯の原因になる細菌の集まり)が付着しにくいE-maxで治療を行うことにしました。
治療期間 型取りから調整、装着まで約2週間
おおよその費用 自由診療 E-max In(1歯分):¥45,000-(税別)
術後の経過・現在の様子 適合も噛み合わせも問題なく、「見た目も全然わからない」と大変ご満足いただけました。
現在は、定期健診とクリーニングでご通院いただきながら、経過観察をしています。
治療のリスクについて ・セラミックは使用環境によって外れてしまうことがあります。
・セラミックも十分なメンテナンスを行わないと、周辺の歯から虫歯になることがあります。
・強い食いしばりや硬度の高いものを誤って噛むと割れてしまうことがあります。
・治療が終了しても、メンテナンスとして約3ヶ月に一度の定期検診をご案内しております。
ココシカバナー